2005年4月25日

『MatrixQuestUSB/host』『MatrixQuestFS/fat32』がローランド株式会社のデジタルピアノ『RG-7』および『KR107』に搭載

組込み用USBホストドライバ『MatrixQuestUSB/host(マトリックスクエストユーエスビーホスト)』および、組込み用ファイルシステム『MatrixQuestFS/fat32(マトリックスクエストエフエス)』が、ローランド株式会社の『RG-7』および、『KR-107』に搭載されました。

デジタルピアノ

RG-7詳細別ウィンドウが開きます。
KR-107詳細別ウィンドウが開きます。

『MatrixQuestUSB/host』は、組込み機器用のUSBホストドライバミドルウェアで、これまで多数の採用実績があります。『MatrixQuestUSB/host』を機器に組込むことで、市販されている各種USBデバイスを接続することが可能となります。オプション提供も含めてほとんどのクラスドライバが提供され、標準的なクラスに対応しているUSB機器を容易に接続できます。たとえばデジタルカメラやメモリのリーダー/ライター、マウスやキーボードなどは、当社の提供するMatrixQuestUSB/hostとクラスドライバ、ファイルシステムのMatrixQuestFS/fat32などを購入いただくのみで、新たな開発をしなくても多数のUSBデバイスを接続可能です。

組込みシステムにおいてもUSBハイスピード(480Mbps)への対応が迫られているなか、ユークエストでは、NECエレクトロニクス製μPD720101ドライバに続き、組込み用に特化したPhilips社製ISP176xホストコントローラのドライバをリリースするなど、新技術にも随時対応しています。

『RG-7』は、音質、鍵盤、再生系、フォルムのすべてに最高級を実現した自動演奏機能付きデジタル・グランドピアノです。ステージ用としてはもちろんのこと、自動演奏機能、自動鍵盤も備えているので、ホテルやレストランでの活用も可能です。USBメモリからは、自動演奏用のミュージックデータの再生はもちろん、静止画像を読み込んで外部ディスプレイ(別売)にスライドショーを表示できます。

『KR-107』は、豊富な内蔵曲はもちろん、市販のSMFミュージックデータや自分で弾いて録音した演奏まで大型液晶画面に譜面表示してくれる「デジスコア」をさらに進化させた最新モデルです。USBメモリによって、SMFミュージックデータの保存や再生、WAVファイルの再生をを行えます。また、演奏を採点・チェックして目で見て確認できる「ビジュアル・レッスン」の結果やデジスコアの内容をBMPファイルで保存できます。

MatrixQuestはユークエストの商標です。その他、記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

ページのトップへ