ニュースリリース

2006年6月26日

エルミック・ウェスコム株式会社とのUSBホストドライバの販売に関する提携について

エルミック・ウェスコム株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:村島 一彌、以下エルミック・ウェスコム)と当社は、このたび、組込み機器向けUSBホストドライバ製品の販売に関して提携いたしました。この提携により、エルミック・ウェスコムは当社の組込み機器向けUSBホストドライバ『MatrixQuestUSB』シリーズの販売を開始いたします。

近年のデジタル家電やモバイル機器においては、各種通信インターフェースの搭載が必須となっており、TCP/IPやUSBなどを用いた通信が一般的なものとなっています。エルミック・ウェスコムや当社のような組込みシステム向けのソフトウェアメーカに対しても、市場からは総合的な提案が求められています。

エルミック・ウェスコムは『KASAGO』のブランド名で、組込み機器メーカに対し、TCP/IPプロトコルスタックを多数販売しています。今回の提携により、エルミック・ウェスコムは従来の『KASAGO TCP/IP』などのミドルウェア製品に加え、USB通信プロトコルスタックを販売することが可能となり、お客様へより一層充実したトータルサポートが提供できるようになります。

また、当社は、総合的なミドルウェアラインアップである『MatrixQuestシリーズ』の中でも、特にニーズが高いUSB関連製品について、組込みソフトウェア販売で実績のあるエルミック・ウェスコムが販売することで、より一層の販売力とサポートを市場に供給することができるようになります。

KASAGO詳細 www.elwsc.co.jp/japanese/products/embedded.html別ウィンドウが開きます。

エルミック・ウェスコムについて

エルミック・ウェスコム株式会社は、2005年7月に株式会社エルミックシステムとウェスコム株式会社の合併により誕生した組込み用ソフトウェアのベンダです。各社が強みとしていたリアルタイムOSやネットワークミドルウエアにおける要素技術開発力と、アプリケーション開発力を総合させ、より幅広く強固なトータルソリューションを提供しています。

主力製品であるTCP/IPプロトコルスタックの「KASAGO TCP/IPシリーズ」は1998年にIPv4版が発売され、2002年にはIPv6 に対応した新バージョン「KASAGO IPv6」が発売されました。組込み向けに最適化された高速性、コンパクト、高い信頼性を特長とし、98年以来600以上のシステムに採用された実績を持ちます。また、IPv6普及・高度化推進協議会やIPv6 Forum、TAHIなどに積極的に参加し品質及び相互運用性の向上を図っており、2005年6月には「IPv6 Ready Logo Phase-2」を取得し、IPv6の普及促進にも貢献しています。なお、2000年7月東証マザーズに上場しております(株式コード:4770)。

エルミック・ウェスコム会社概要 www.elwsc.co.jp別ウィンドウが開きます。

当ニュースに関するお問い合わせ窓口

エルミック・ウェスコム株式会社
TEL:045-664-5171
E-mail:isat@elwsc.co.jp
担当:佐竹
東電ユークエスト株式会社
TEL:03-3580-5501
E-mail:sales@uquest.co.jp
担当:冨岡

MatrixQuestは東電ユークエストの商標です。
KASAGOはエルミック・ウェスコムの登録商標です。
その他、記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。


ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

ページのトップへ