MatrixQuest(マトリックスクエスト)

MatrixQuestWLAN/Cypress

Cypress Wi-Fiドライバ RTOS対応

概要

「MatrixQuestWLAN/Cypress」は、Cypress社よりライセンスされたIEEE802.11ac/n/a/g/b対応、IEEE802.11n/g/b対応LinuxドライバをRTOSで動作するようにポーティングした製品です。
本ソフトウェアを使用することにより、Cypress CYW43455/CYW43438チップ及びこれらが搭載された各種モジュール製品をRTOS環境で動作させることが可能となります。

※Cypress社他のチップ型番につきましてはご相談ください

特徴

  • 基本性能
    • STAモード(インフラストラクチャモード)
    • APモード
    • 5GHz(W52/W53/W56) ※CYW43438では動作しません
    • 2.4GHz(1~13ch)
  • セキュリティ
    • WPA/WPA2/WPA3-Personal ※WPA-Enterpriseはオプション
    • WPS/Wi-Fi Directサポート ※Wi-Fi Directはオプション

構成図

提供形態

  • 使用許諾
    ソースコードでご提供します。(特記事項参照)
    ターゲットロイヤリティが必要となります。

製品構成

  • MatrixQuestWLAN/Cypress
  • MatrixQuestWLAN/Cypressソフトウェアセット
    (MatirxQuestNETv4(IPv4)、MatrixQuestWLAN/wps、MatrixQuestFS/fat-SDH (SDIOドライバ)含む)

※CYW43455 or CYW43438の何れかを選択

提供物

  • ソースコード(特記事項参照)
  • インストールガイド
  • API仕様書

特記事項

  • MatrixQuestWLAN/Cypressをソースコードでご提供させて頂くには、Cypress社とのライセンス契約が別途必要となります。
    ライセンス契約未締結の場合はオブジェクトコードにてのご提供となります。
  • 本ソフトウェアに含まれるファームウェアはサンプルです。
    実際に開発を進めるに際しては、ご使用のモジュールに適したファームウェアを当社よりご提供します。
    ※Cypress社または、モジュールメーカー 各社からのご提供になる場合もございます。
  • WPA/WPA2/WPA3-Personalは、ファームウェアに含まれています。
  • ファームウェアによっては、API仕様書に記載されている機能の一部がサポートされていない場合があります。
  • API仕様書に記載されている連続送受信モードを使用する際は専用のファームウェアが必要になります。

動作確認環境

本ソフトウェアは、以下の環境で動作確認を行っております。

  • チップ:CYW43455、CYW43438
  • CPU/OS:RZ-A1H(Coretex-A9)/NORTi4
  • SDホストコントローラ:RZ-A1H内蔵

※記載されている製品・システム名は、各社の商標または登録商標です。

ページのトップへ