MatrixQuest(マトリックスクエスト)

TouchGFX

組込みに特化したディープラーニング。素早く・簡単に。

概要

KAIBERは、ディープインサイト社がIoT分野で重要なトレンドになる「エッジコンピューティング」向けに特化して開発した、エンベデッド ディープラーニングフレームワークです。



用途

「KAIBER」は、DNN(Deep Neural Network)の学習・開発環境として機能します。また、推論実行エンジンは多様な小型デバイスやエッジサーバー、そしてスマートフォンなどの端末アプリケーションに簡単に組み込みことが可能で、独自の画像認識やデータ解析の推論機能を実現します。

IoTシステムへのディープラーニングの導入を劇的に促進するエンベデッド ディープラーニングフレームワークです。

特徴

小さなモジュールを組込むだけ。
学習サーバー機能と完全分離された推論実行エンジンを多様なデバイス・アプリに簡単に組込み可能。業界最小クラス(20KB~)のフットプリントを実現。

純国産で商用サポート提供。しかも簡単!
すべてのコードをゼロから開発。完全自社開発のため、プロジェクトに合わせた柔軟な商用サポートも提供可能。スプリプト感覚によるニューラルネットの定義機能など、効率よく作業を行えるので開発・検証も容易。

多様なアーキテクチャに迅速対応。
フレームワーク全体をJavaで開発し、組込み側の推論実行エンジンはCライブラリーでご提供。どんなマイコンやNon OS環境でも動作し、AIチップなど新しいデバイスやプラットフォームにも迅速に対応可能。

柔軟な課金モデル
KAIBER開発環境は使用料課金方式で、使いたい期間だけ使える。少量のテスト販売から量産品への組込みまで、リスクを抑えながら幅広いビジネスに挑戦できるデバイス毎のロイヤリティ契約も準備。

デモ作成

IoT/M2M展 春(2018年5月9日~11日)にて、KAIBERを組み込んだデモを展示します


※詳細は弊社までお問い合わせください

※記載されている製品・システム名は、各社の商標または登録商標です

ページのトップへ