イベント情報

モノづくりフェア 2019

10月16日(水)~18日(金)にマリンメッセ福岡で開催される、モノづくりフェア2019 の組込みシステム技術協会(JASA)ブース内に出展します。

エッジコンピューティングAI、ROS対応、リアルタイム動画歪み補正・合成ソフトウェアと、設備監視・予知保全向けのソリューションのデモを行います。

みなさまのご来場をお待ちしております。



展示内容(予定)

Edge Computing向けAIソリューション「KAIBER」

組込みに特化したディープラーニング「KAIBER」(カイバー)は、IoT分野で重要なトレンドになるエッジコンピューティング向けに特化して開発されたエンベデッドディープラーニングフレームワークです。

手書き数字を読み取るデモを行います。




ROSソリューション

世界的に利用されている知能ロボット開発用のオープンソースのミドルウェア「ROS(Robot Operating System)」の専用プラットフォームをご紹介します。
プロダクトとしての販売やROSを使った受託開発も行いますので、お気軽にご相談ください。




リアルタイム動画歪み補正・合成ソフトウェア

カメラで撮影した映像を球体面に投影、パースペクティブ(遠近感)を補正します。これらの処理を多眼(複数台)カメラに反映することにより、歪みの少ないパノラマ映像を作り出す動画処理ソフトウェアです。

会場に設置したカメラで撮影し、補正された画像を実際にご覧いただけます。




振動解析装置

機器の振動周波数を解析することで、アンバランス、ガタ、基礎不良、転がり軸受損傷などの機器異常が発生しているかを、判定することができます。振動計測を行いリアルタイムに異常診断を実施する必要はないが、劣化状況を把握し予防保全を行いたいお客様向けです。




【NEW】携帯型絶縁不良検知器「リーケージ・チェッカー」

受電設備等、絶縁不良を起こしている機器から発生される超音波を受信し、受信強度によりLEDを表示させます。
関東電気保安協会で開発された機器で、実際に保全業務に利用されています。コンパクトサイズで、持ち運びに便利です。

会場では、実物を展示し、使い方のご案内もいたします。手に取って、ブースにてお試しください。



ユークエストのIoTシステム

ユークエストのIoTシステムは、各種計測データを920MHz特小無線で集約し、LTE通信でクラウドにデータを上げて遠隔監視が可能なシステムです。多様なインターフェースに対応している為、計測範囲が広く柔軟性を持って対応しています。

非接触温度センサ(サーモパイルアレイ子機)のデータを無線で収集し、PC上で表示するデモを行います。






日程
2019年10月16日(水)~18日(金) 10:00~17:00(最終日は16:00)
会場
マリンメッセ福岡
ブース
N-10 組込みシステム技術協会(JASA)ブース内

入場料
1,000円(消費税込み)※事前来場登録または招待券持参者は無料

モノづくりフェア2019 の詳細 https://www.nikkanseibu-eve.com/mono/別ウィンドウが開きます。

ページのトップへ