イベント情報

本展示会は終了しました。展示報告はこちら


国際フロンティア産業メッセ2019

9月5日(木)・6日(金)に神戸国際展示場で開催される「国際フロンティア産業メッセ2019」に出展します。

エッジコンピューティングAI、ROS対応、タッチGUI開発環境。920MHz無線とLTE通信を使ったクラウド監視システムのデモを行います。

みなさまのご来場をお待ちしております。



展示内容(予定)

Edge Computing向けAIソリューション「KAIBER」

組込みに特化したディープラーニング「KAIBER」(カイバー)は、IoT分野で重要なトレンドになるエッジコンピューティング向けに特化して開発されたエンベデッドディープラーニングフレームワークです。



ROSソリューション

世界的に利用されている知能ロボット開発用のオープンソースのミドルウェア「ROS(Robot Operating System)」の専用プラットフォームを展示します。
プロダクトとしての販売やROSを使った受託開発も行いますので、お気軽にご相談ください。



ユークエストのIoTシステム

ユークエストのIoTシステムは、各種計測データを920MHz特小無線で集約し、LTE通信でクラウドにデータを上げて遠隔監視が可能なシステムです。多様なインターフェースに対応している為、計測範囲が広く柔軟性を持って対応しています。

非接触温度センサ+温室度センサのデータを無線で収集し、PC上で表示するデモを行います。


Linuxで簡単に美しいGUIを実現「Storyboard」 - RTOSでも、Android/iOSでも -

Storyboard はCrank Software Inc.が組込みシステムのために開発したGUI開発環境です。
UIをデザインする Storyboard Designer とターゲットでの実行環境のStoryboard Engine で構成されます。

NXP i.NX RTシリーズに代表されるMCUから、Renesas RZ/AやRZ/GNXP i.MX6 i.MX8といった上位MPUまで幅広いマイコンを対象とします。
LUA言語を採用することによって、組込み機器と同じアプリケーションでWindowsをはじめ、iOSやAndroid OSでの動作も可能にし、アーキテクチャに依存しない美しいUIを簡単に構築できます。
特にLinux環境では、実行時に、コンパイル・リンクの作業を必要としませんので、Cut & Try を行う場面で強力な開発パフォーマンスを発揮します。

展示会場では実際にLinux上で動作するデモをご覧いただけます。





出展社プレゼンテーション

エンベデッドディープラーニングフレームワーク「KAIBER」のご紹介

プレゼンテーションコーナーB(2号館)にて、14:30~プレゼンテーションを行います。

エッジコンピューターで手軽にAI機能が実現出来る詳細をご説明します。





日程
2019年9月5日(木)・6日(金) 10:00~17:00
会場
神戸国際展示場1・2号館(神戸ポートアイランド)
ブース
A-31

入場料
無料

国際フロンティア産業メッセ2019 の詳細 https://www.kobemesse.com/別ウィンドウが開きます。

ページのトップへ