イベント情報

ESEC 組込みシステム開発技術展

ブースの様子当社は4月10日(水)から開催の「ESEC 組込みシステム開発技術展」に出展しました。

今回は「組込みソフトウェア」と「IoTソリューション」に分けて、展示やデモを行いました。新製品の「振動解析装置」は多くのお客様に関心をお持ちいただくことができました。

ご来場、誠にありがとうございました。


展示内容

「組込みソフトウェア」パネル

会場で掲載したパネルです。パネル画像をクリックすると、PDFが開きます。

  • iPhone・iPad/Android連携ソリューションパネル
  • エンベデッドソフトウェアソリューションパネル
  • GUIパネル
  • AI・画像補正ソリューションパネル

Wi-Fi & Bluetoothソリューション

無線LANデモ

IEEE802.11ac対応のMarvell 88W8887を使用した無線LANのデモを展示しました。88W8887をAPとし、APからSTA(Nexus9)宛に送信したUDPデータのスループットをSTA側で表示させました。

無線LAN/BLEモジュール展示

当社にてドライバやミドルウェアなどを対応可能な各社無線LANモジュールやBluetooth/BLEモジュールを展示しました。

Bluetoothソリューション「NetNucleus BT」

NetNucleus BTは、東芝情報システム社が開発したBluetooth "Classic"(V2.1/3.0)、Bluetooth Low Energy(BLE:V4.2)、iAP2に対応した組込み向けBluetooth SDKです。
実績のある東芝製Bluetoothスタックとアプリケーションフレームワークで構成されたSDKであり、お客様は容易に組込み向けのBluetoothアプリケーションを開発できます。

Wi-Fi & Bluetoothソリューションデモ


USBミドルウェア「MatrixQuestUSB」

自社開発で組込み用向けのUSBホスト機能を実現させるためのソフトウェアです。本ソフトウェアを使用することにより、各種USBデバイスとの接続が可能です。

USBデモUSBホストマスストレージデモ

ルネサス エレクトロニクス社製RZ/A2M対応「MatrixQuestUSB/lite」のデモを行いました。USBメモリに対するファイルアクセス時間を出力し、実際のパフォーマンスを確認いただきました。


組込み用GUI 「Storyboard Suite」

Storyboard Suiteデモ昨秋より、Crank Software 社製 GUI開発環境「Storyboard Suite」のライセンス販売と国内での技術サポートを開始しました。

「Storyboard Suite」は、ユーザインタフェースをデザインする開発環境Storyboard Designer とターゲットでの実行環境Storyboard Engineで構成されます。
1つのソリューションを使用して、UIのデザイナーとエンベデッドシステムエンジニアが並行して作業し、組込み機器用のインタラクティブなユーザインタフェースを素早く実現できます。NXP i.NX RTシリーズに代表されるMCUから、Renesas RZ/AやRZ/GNXP i.MX6 i.MX8といった上位MPUまで幅広いマイコンを対象とします。LUA言語を採用することによって、組込み機器と同じアプリケーションでWindowsをはじめ、iOSやAndroid OSでの動作も可能にする、次世代型のGUI開発環境です。

実際に動作するデモを展示しました。



Edge Computing向けAIソリューション「KAIBER」

組込みに特化したディープラーニング「KAIBER」(カイバー)は、IoT分野で重要なトレンドになるエッジコンピューティング向けに特化して開発されたエンベデッドディープラーニングフレームワークです。


KAIBERデモ組込みディープラーニング

「KAIBERを使用した画像認識AI」
今回は、4種類の同じ大きさのボルトとネジの識別を行いました。


球体投影技術を用いた「多眼カメラシステム」

多眼カメラシステムデモ球体投影技術を用いた「多眼カメラシステム」は、SONY社製カメラモジュールを3台使用して、歪みの少ないパノラマ映像を作り出す画像処理システムです。

会場では、ボールを映した画像で、画像処理あり・なしの比較をし、その違いを実感していただくデモを行いました。




「IoTソリューション」パネル

会場で掲載したパネルです。パネル画像をクリックすると、PDFが開きます。

  • クラウドIoTゲートウェイパネル
  • Modbus通信によるPLC接続パネル
  • EcoQuestパネル
  • [NEW]振動解析装置パネル

ユークエストのIoTシステム

ユークエストのIoTシステムは、各種計測データを920MHz特小無線で集約し、LTE通信でクラウドにデータを上げて遠隔監視が可能なシステムです。多様なインターフェースに対応している為、計測範囲が広く柔軟性を持って対応しています。


サーモパイルデモサーモパイルアレイ子機+UMsQuest-920GW+クラウドの遠隔監視デモ

熱源(ファン)からの風量を風速計で計測、温度をサーモパイルアレイ子機で非接触計測しました。それぞれのデータを、UMsQuest-920GWからKyoso様のクラウドプラットフォームに送り、WEBブラウザで確認できるデモを行いました。


無線エネルギー監視ソリューション「EcoQuest」

EcoQuestは各種センサーを接続するためのI/Fを豊富に取りそろえた920MHzネットワークモジュールです。
様々なセンサーを接続できる多彩なラインアップを一斉に展示しました。

また、Modbus通信によるPLC接続のデモを行いました。

      EcoQuest展示   、Modbus通信デモ


【NEW】振動解析装置

振動解析装置デモ機器の振動周波数を解析することで、アンバランス、ガタ、基礎不良、転がり軸受損傷などの機器異常が発生しているかを、判定することができます。
振動計測を行いリアルタイムに異常診断を実施する必要はないが、劣化状況を把握し予防保全を行いたいお客様向けです。









ご質問事項などございましたら、お問い合わせフォームの「お問い合わせ ご相談事項」からお気軽にお問い合わせください。

組込みシステム開発技術展公式サイト:http://www.esec.jp/Home_Haru/別ウィンドウが開きます。

ページのトップへ